【解説】
民法によって定められる遺産に対する相続人の権利の取り分を法定相続といい、相続分は遺言によって承継することもできますし、遺産分割によって決定することもできるのですが、それらをしない場合には民法の規定によって相続分が定められることになります。