【解説】
共同相続人による遺産の共有状態を各相続人の相続に応じて具体的に財産を分配、又は、単独所有にすることです。被相続人が死亡(相続開始)する際、被相続人の資産・財産は相続人に移転します。その際に、相続人全員でおこなう話し合いを遺産分割といいます。

◆相続人の中に行方不明者がいる場合
【解説】
@行方不明から7年経過している場合
行方不明から7年経過していれば行方不明者の配偶者、兄弟姉妹が家庭裁判所に失踪宣告の申立てができます。このような場合、行方不明者は死亡したとみなされ行方不明者以外の相続人で遺産分割を話し合う事になります。

A行方不明から7年経過していない場合
行方不明から7年経過していないため失踪宣告がされていないので不在者財産管理人を選任する必要があります。選任された財産管理人は行方不明者の代わりに遺産分割協議書に出席し、そこで分割した財産を管理します。


◆相続人の中に未成年者がいる場合
【解説】
@未成年が成年に達してから遺産分割協議をする。

A未成年の代理人が遺産分割協議をする。

通常、未成年は親権に服します。しかし、親子揃って相続人となる事も多くこのような場合、親と子供の利益が相反することになる為、親が子供の代理人となって遺産分割をする事が出来なくなります。また、子供の財産や権利を両親が脅かすことのないように法律で決められています。