【解説】
被相続人(亡くなった人)の遺産を相続人が確定し、相続財産も明らかになった後、どの財産を誰が何をどれだけ取得するのかといった内容を明確にし、決める協議を書面にしたものです。