【解説】
人の生前における最終的な意思表示を尊重し所有する財産等をどのように処分するのかを書面に書き残し、死後のおいても反映・実現させる為に制度化されたものです。

遺言の種類
@自筆証明遺言
簡単・自由に作成できる遺言書です。自分ひとりで作成できるので、遺言書を書いた事や内容を秘密にする事ができます。第三者による偽造・改ざんされる可能性もあります。

A公正証書遺言
公証人が公証役場で遺言者の話した内容を聞き取り、公証人によって作成する方法です。遺言が無効になることや、偽造・改ざんされる可能性はありません。公証人が作成するので法的にも正確な遺言書ができます。

B秘密遺言書
遺言の内容を秘密にし、遺言書の存在を明確にできる方法です。内容は自分が作成をする為法的要件を満たしていない場合には無効になる可能性があります。あまり使われない方法です。